2014冬旅 樽見の青 [樽見鉄道:谷汲口-神海]

Posted by ぐう on 2014年 24日  ☆ 樽見鉄道   0 comments   0 trackback



揖斐川橋梁を渡った列車は、堤防を駆け下りるように、
町並みの中へ溶け込んでゆく。

ここから本巣辺りまでは住宅地の中を走り抜け、
地域の足として通勤や買い物の乗降が多く見られる区間。

途中、ショッピングセンターモレラ岐阜駅や、
織部駅は道の駅開設に合わせて、設置された駅もある。

2014冬旅 樽見の光[樽見鉄道:木知原]

Posted by ぐう on 2014年 23日  ☆ 樽見鉄道   0 comments   0 trackback

「樽見の光」


大垣を出発した列車は、本巣駅を過ぎる頃から揖斐川に沿って走る。
ここ木知原も揖斐川がすぐ近くを流れ、蛇行する川を縫うように橋が掛かる。

揖斐川の河原には冬の陽射しが注ぎ、
一時冬の寒さを忘れさせてくれるほど暖かい。

その光に包まれて大垣行の上り列車が通過して行った。

2014冬旅 揖斐川を渡る [樽見鉄道:揖斐川橋梁]

Posted by ぐう on 2014年 22日  ☆ 樽見鉄道   0 comments   0 trackback

「揖斐川を渡る」


鉄橋を渡る鉄道は、魅力ある風景になる。

揖斐川を渡る揖斐川橋梁は、大きさと遠くに見える山々の迫力がプラスされて、
見応えのある風景を描き出しています。

駅は東大垣駅が近いのですが、それでも歩くと20分ほどでしょうか。
この日はレンタカーを借りての揖斐川詣で。
朝日を浴びて走り抜ける車両が印象に残る朝でした。

2014冬旅 山に抱かれて[樽見鉄道:谷汲口―神海]

Posted by ぐう on 2014年 21日  ☆ 樽見鉄道   0 comments   0 trackback

「山に抱かれて」


冬枯れの山に潜り込むように樽見の列車は突き進んでゆく。
樽見鉄道の半分は山の懐を、右に左にとカーブをしながら線路が延びる。

大きな山に抱かれながら走る列車は、
山に守られ、自然と共に共存しているよう。

この風景の中をいつまでもいつまでも。

2014冬旅 樽鉄カラー [樽見鉄道:谷汲口駅]

Posted by ぐう on 2014年 20日  ☆ 樽見鉄道   0 comments   0 trackback

「樽鉄カラー」


樽見鉄道のオリジナルカラーで走る、ハイモ330-701。
樽見鉄道に車両は6両ありますが、オリジナルカラーで走るのは2両になります。

水色に赤いラインは木々に囲まれた沿線では、一際目立つ存在感。
塗装には手間が掛かりそうですが、走る姿は印象に残ります。

ラッピング車が増えている中、
オリジナルカラーはいつまでも走っていて欲しいものです。

2014冬旅 出発前 [樽見鉄道:樽見駅]

Posted by ぐう on 2014年 19日  ☆ 樽見鉄道   0 comments   0 trackback

「出発前」


樽見駅を11時58分に発車しようと、出発準備をする。
樽見で有名なのは、春の淡墨桜があります。
樹齢1500年の老木ながら、毎年見事な花を咲かせ、
多くの観光客で賑わうそうです。
生憎、今回訪れた樽見の町は冬の真っ最中。
薄墨桜は眠りに入っているので、町外れにある薄墨温泉へと足を運びました。

樽見駅からは、専用の無料送迎バスで10分ほど。
宿泊も出来る大きな温泉でした。
樽見鉄道との提携で、温泉入浴券付き1日フリー切符を使うと、
お得に沿線巡りと温泉に入ることが出来ます。

樽見の散策には、この切符を手に訪ねて見てください。

2014冬旅 揖斐川へ [樽見鉄道:揖斐川堤防]

Posted by ぐう on 2014年 17日  ☆ 樽見鉄道   0 comments   0 trackback

「揖斐川へ」


揖斐川の堤防から樽見鉄道揖斐川橋梁を望める間近へ。
樽見鉄道沿線、二日目はレンタカーを借りて、
乗っているとわからない線路風景めぐりです。

揖斐川橋梁を間近に見たいと思い、堤防に沿ってやって来ました。
そこへ、樽見からの上り列車が、朝日受けて築堤へ差し掛かると、
雪を冠った峰々とともに、樽見の大きな自然がめに飛び込んできます。

2014冬旅 走と想と創と沿 [樽見鉄道:東大垣]

Posted by ぐう on 2014年 16日  ☆ 樽見鉄道   0 comments   0 trackback

「走と想と創と沿」


樽見鉄道に相応しい「そう」の文字。
地域に根ざした鉄道として、走り抜け。
沿線の未来作りに想いを馳せながら、
人と人がつながり、今まで無かったものを創造する。
それはやがて沿線に活気のある空間が生まれてくる。

樽見鉄道を走る列車から、
そんな「走」「想」「創」「沿」を描いて見ました。

2014冬旅 木知原の冬 [樽見鉄道:木知原駅]

Posted by ぐう on 2014年 15日  ☆ 樽見鉄道   0 comments   0 trackback

「木知原の冬」


樽見鉄道の駅名には、漢字では読めない駅名がいくつかあります。
ここ木知原駅も「こちぼら」とはなかなか読めない駅です。

片面ホームの小さな駅ですが、その向こうに枝を伸ばすのは桜の木。
これだけ見事な並木ならば、春の風景が気になる所です。
桜は時期としてもまだまだなので、せめてホームに人が立ってくれたら絵になるのに、
との願いは虚しく、お客さんの乗り降りは一人もありませんでした。

難読駅名、「木知原」の他には「水鳥」「鍋原」「日当」などがあり、
それぞれ「みどり」「なべら」「ひなた」と読みます。

原の字を「ら」と読む地名は、この辺りの方言なのでしょうか。
駅名からその土地々々に思いを巡らせるのも、旅の面白さの一つです。

鉄橋を渡って [樽見鉄道:東大垣]

Posted by ぐう on 2014年 14日  ☆ 樽見鉄道   0 comments   0 trackback

「鉄橋を渡って」


揖斐川橋梁を渡る列車の撮影で、沿線を歩いていましたが、
大垣行きの列車に乗るために、東大垣駅のホームに戻って来ました。

ホームから揖斐川橋梁を見ると、鉄骨のトラスが一際大きく見えます。
写真では近くに見えますが、実際は結構な距離があります。

やがて、空の光も消えかかる頃、
青い空気に包まれた揖斐川橋梁を渡るヘッドライトの光が見えて来ました。
鉄橋を光らせ、レールを光らせ、
その光は樽見の未来を指し示すように列車を駅へと導いていました。
  

プロフィール

ぐう

Author:ぐう
銚子電鉄ガタゴト乗れば、
上り銚子はいい調子
そんないい日に銚子の町で
あの景色に、この景色
いつも見慣れた銚子の町も
カメラ片手に、大発見
銚子のいいとこ、再発見!

銚子の町から、初めて訪れる町へ、
小さな物語を探して、旅をしています。

掲載写真は、時系列に並んでいませんので、
現在では見られない風景もあります。




使用器材
CANON EOS5DMark2
CANON EOS7D
CANON EOSKISSX2
CANON S100
FUJIFILM X-E2

CANON EF70-200mm F4L IS USM
CANON EF50mm F1.8 STM
CANON EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS
CANON EF-S10-22mm F3.5-4.5
CANON EF-40mm F2.8 STM

SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO
TAMRON AF18-270mm B003E
TAMRON AF90/2.8マクロ 272E
TAMRON SP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011)
FUJINON XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS

M42 EOSアダプター
M42 ROYAL テレコンバーター 2x
M42 SMC TAKUMAR 300mm/F4
M42 SMC TAKUMAR 135mm/F3.5
M42 SMC TAKUMAR 105mm/F2.8
M42 SMC TAKUMAR 50mm/F1.4
M42 KMZ INDUSTAR 50-2 50mm/F3.5
M42 Auto-Takumar 55mm/F2
M42 Super Takumar 35mm/F3.5
M42 Auto-Marexar 28mm/F2.8

三脚
ベルボン
ベルボンUT-43Q
自由雲台 KTSPRO 50





ブログランキング


にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営・三セクへ


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 銚子情報へ
にほんブログ村

鉄道写真 ブログランキングへ

のんびりゆっくりほっと物語お問い合せ

ブログ管理人へのお問い合せは、
メールフォームよりご連絡下さい。

■お問い合せメールフォーム■
    ↑↑クリック↑↑

今日の暦




-天気予報コム- -FC2-

のんびりゆっくりカテゴリー

銚子電鉄【銚子駅】(8)

銚子電鉄【仲ノ町駅】(117)

銚子電鉄【観音駅】(49)

銚子電鉄【本銚子駅】(140)

銚子電鉄【笠上黒生駅】(144)

銚子電鉄【西海鹿島駅】(60)

銚子電鉄【海鹿島駅】(65)

銚子電鉄【君ヶ浜駅】(192)

銚子電鉄【犬吠駅】(150)

銚子電鉄【外川駅】(243)

銚子電鉄[沿線](60)

銚子電鉄[デハ1001桃鉄号](45)

銚子電鉄[デハ1001銀座線色](56)

銚子電鉄[デハ1002銚電カラー](8)

銚子電鉄[デハ1002鉄子色](53)

銚子電鉄[デハ1002丸の内色](72)

銚子電鉄[2001-2501緑](191)

銚子電鉄[2002-2502イオン](35)

銚子電鉄[2002-2502赤帯](50)

銚子電鉄[2002-2502銚電カラー](75)

銚子電鉄[3000形](15)

銚子電鉄[デキ3](72)

銚子電鉄[デハ801休車](138)

銚子電鉄[デハ701譲渡](35)

銚子電鉄[デハ702譲渡](40)

銚子電鉄[ユ101澪つくし号](6)

銚子電鉄[デハ101]解体(25)

銚子電鉄[デハ301]解体(14)

外川の町(22)

銚子の町(19)

銚子のイベント(13)

ひたちなか海浜鉄道湊線(170)

いすみ鉄道(34)

小湊鉄道(5)

東急世田谷線(33)

都電荒川線(14)

大井川鐵道(6)

天竜浜名湖鉄道(5)

岳南鉄道(6)

土佐電気鉄道(4)

叡山電鉄(3)

阪堺電車(10)

長野電鉄(6)

万葉線(12)

黒部峡谷鉄道(1)

富山地鉄(20)

富山ライトレール(4)

函館市電(15)

津軽鉄道(8)

岡山電気鉄道(10)

樽見鉄道(25)

近鉄内部・八王子線(4)

江ノ電(3)

紀州鉄道(2)

真岡鐵道(22)

水郡線(5)

上信電鉄(8)

上毛電鉄(1)

秩父鉄道(8)

わたらせ渓谷鐡道(7)

鹿児島市電(3)

会津鉄道(2)

豊橋鉄道市内線(6)

豊橋鉄道渥美線(2)

伊予鉄道(6)

琴平電鉄(8)

明知鉄道(2)

上野懸垂線(1)

南海電鉄(2)

能勢電鉄(1)

京阪電車大津線(3)

京都丹後鉄道(5)

由利高原鉄道(3)

JR線(30)

東京駅(7)

ヘルシンキ(4)

線路のある風景(23)

名鉄谷汲線(廃線)(2)

魚梁瀬森林鉄道(廃線)(11)

下津井電鉄(廃線)(10)

ほっと一息(12)

山形鉄道フラワー長井線(1)

のと鉄道(1)

氷見線(2)

北陸鉄道(1)

ほっと物語カウンター

ほっとなリンク

-----------------------------------------

シアターキューブリック

公演情報はホームページにて御覧ください。

公演情報は
http://www.qublic.net/


舞台写真を撮影しています。
-----------------------------------------

このブログをリンクに追加する

リンクフリーです。トップページ及び各記事へのリンクをお願いします。画像のみのリンク、画像の無断使用はご遠慮下さい。

ご一報頂けましたら相互リンク致しますので、お問い合せよりお知らせ下さい。


ブロとも申請フォーム