東京駅の記録 [東京駅]

Posted by ぐう on 2013年 13日  ☆ 東京駅   0 comments   0 trackback

「東京駅の記録」


東京駅の存在に目を向けさせる演出のセンスがいい。
建物の解説プレートが随所に設置されて居るが、
その場の雰囲気を壊さない大きさで、
わかりやすく文章が書かれている。

これは、外壁のレンガを当時の工法で再生した事が書かれている。
写真も掲載されているが、モノクロを使った控えめさがいい。
何ヶ所に設置されているのか分からないが、
構造や装飾について、興味を持ってもらうには最適だろう。

ややもすると、一枚の大きな掲示板に説明案内をまとめてしまいがちだが、
こうして小分けすることで、小さなプレートでも充分に内容を伝えることが出来る。

地方の鉄道も生活の中で存在感を忘れてしまう駅だが、
このような歴史を伝えるものを掲示してみると、
駅の存在を見直す機会にもならないだろうか。

東京のカタチ 其の参 [東京駅]

Posted by ぐう on 2013年 12日  ☆ 東京駅   0 comments   0 trackback

「東京のカタチ 其の参」


東京駅を形作るデザインは、どこから来ているのだろう。
無秩序に角と円を無数に組み合わせているようで、
しっかりと調和が取れて記憶の中に埋め込まれてしまうカタチ。

建設当初の設計は、このような洋風ではなく純和風建築だったとある。
しかし、当時は和よりも洋を取り入れる風潮が主流で、
その設計は全く取り入れられることは無かった。

その後、紆余曲折があり現在のカタチに纏まるのだが、
それも東京大空襲で消失してしまう。
戦後の仮再建から、昨年、往時のカタチが蘇る。

昨今の新設、改修される駅は、駅ビル化され個性が無くなり、
どこに行っても同じカタチで記憶にも残らなくなっている。
町の入口、玄関でもある駅には地域の個性を出して欲しいと願うが、
現代の建築家の発想は、全く違う所にあるのだろうか。

東京のカタチ 其ノ弐 [東京駅]

Posted by ぐう on 2013年 11日  ☆ 東京駅   0 comments   0 trackback

「東京のカタチ 其ノ弐」


巨大ターミナルは馴染めないけれど、
ここ東京駅丸の内は居心地のいい場所。

同じ形の繰り返しは無く、大量生産では作り得ない美しさがある。
一つひとつのカタチは、人の技が生きてお互いの個性を引き立てる。

その個性は、それぞれが言葉を持ち、
聞こえぬメッセージを発しているようでもある。
いつしか、これらのメッセージをゆっくり聞いてみたい、
そんな気にさせる東京駅のカタチ達。

東京のカタチ [東京駅]

Posted by ぐう on 2013年 10日  ☆ 東京駅   0 comments   0 trackback

「東京のカタチ」


無機質なビル群に囲まれた東京駅のカタチは、
ここにはめ込まれていることで、最高の美しさを表現している。

駅としての機能には全く関係ない所で、そのカタチが存在して、
東京駅の個性を作り上げている。

威風堂々 [東京駅]

Posted by ぐう on 2013年 09日  ☆ 東京駅   0 comments   0 trackback

「威風堂々」


東京駅の中央部分を抜き出して見ると、
あまりにも存在感が大きく、列車の音さえも吸い込まれて、
ここが駅ということを忘れてしまう。

積み重ねてきた歴史と、過剰なほどの装飾が、
東京駅を駅以上の存在にしているのだろう。

いつまでも見飽きることのない東京駅。
それは巨大な芸術作品でもある。

夜の東京駅 [JR東京駅]

Posted by ぐう on 2012年 11日  ☆ 東京駅   0 comments   0 trackback

「夜の東京駅」


雨が降り出しそうな10月6日の夜空の下、
控えめな照明が復元された東京駅を浮かび上がらせていました。

昼の復元東京駅は見ていないので想像ですが、
昼間よりも、夜の陰影が付いた駅舎に魅力がありそうです。



CanonS100の手持ち夜景モードで撮影。

見上げれば [東京駅]

Posted by ぐう on 2012年 10日  ☆ 東京駅   0 comments   0 trackback

「見上げれば」


東京駅、復元完成後初めて行ってみました。
巨大ステーションは好きにはなれないのですが、
この東京駅は貫禄と歴史が別格です。

今までの東京駅も存在感は大きかったのですが、
復元後の威風堂々としたレンガ色の建物は、
どこにいても物語を語りかけて来るようで、
その存在感を増していました。

  

プロフィール

ぐう

Author:ぐう
銚子電鉄ガタゴト乗れば、
上り銚子はいい調子
そんないい日に銚子の町で
あの景色に、この景色
いつも見慣れた銚子の町も
カメラ片手に、大発見
銚子のいいとこ、再発見!

銚子の町から、初めて訪れる町へ、
小さな物語を探して、旅をしています。

掲載写真は、時系列に並んでいませんので、
現在では見られない風景もあります。





ブログランキング


にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営・三セクへ


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 銚子情報へ
にほんブログ村

鉄道写真 ブログランキングへ

のんびりゆっくりほっと物語お問い合せ

ブログ管理人へのお問い合せは、
メールフォームよりご連絡下さい。

■お問い合せメールフォーム■
    ↑↑クリック↑↑

今日の暦




-天気予報コム- -FC2-

のんびりゆっくりカテゴリー

銚子電鉄【銚子駅】(8)

銚子電鉄【仲ノ町駅】(123)

銚子電鉄【観音駅】(49)

銚子電鉄【本銚子駅】(153)

銚子電鉄【笠上黒生駅】(144)

銚子電鉄【西海鹿島駅】(60)

銚子電鉄【海鹿島駅】(72)

銚子電鉄【君ヶ浜駅】(208)

銚子電鉄【犬吠駅】(158)

銚子電鉄【外川駅】(253)

銚子電鉄[沿線](65)

銚子電鉄[デハ1001桃鉄号](45)

銚子電鉄[デハ1001銀座線色](56)

銚子電鉄[デハ1002銚電カラー](8)

銚子電鉄[デハ1002鉄子色](53)

銚子電鉄[デハ1002丸の内色](73)

銚子電鉄[2001-2501緑](192)

銚子電鉄[2002-2502イオン](35)

銚子電鉄[2002-2502赤帯](50)

銚子電鉄[2002-2502銚電カラー](85)

銚子電鉄[3000形](24)

銚子電鉄[デキ3](72)

銚子電鉄[デハ801休車](140)

銚子電鉄[デハ701譲渡](35)

銚子電鉄[デハ702譲渡](40)

銚子電鉄[ユ101澪つくし号](6)

銚子電鉄[デハ101]解体(25)

銚子電鉄[デハ301]解体(14)

外川の町(22)

銚子の町(19)

銚子のイベント(13)

ひたちなか海浜鉄道湊線(170)

いすみ鉄道(34)

小湊鉄道(5)

東急世田谷線(33)

都電荒川線(14)

大井川鐵道(9)

天竜浜名湖鉄道(5)

岳南鉄道(6)

土佐電気鉄道(4)

叡山電鉄(3)

阪堺電車(10)

長野電鉄(6)

万葉線(12)

黒部峡谷鉄道(1)

富山地鉄(20)

富山ライトレール(4)

函館市電(15)

津軽鉄道(8)

岡山電気鉄道(10)

樽見鉄道(25)

近鉄内部・八王子線(4)

江ノ電(3)

紀州鉄道(2)

真岡鐵道(22)

水郡線(5)

上信電鉄(8)

上毛電鉄(1)

秩父鉄道(8)

わたらせ渓谷鐡道(7)

鹿児島市電(3)

会津鉄道(2)

豊橋鉄道市内線(6)

豊橋鉄道渥美線(2)

伊予鉄道(6)

琴平電鉄(8)

明知鉄道(2)

上野懸垂線(1)

南海電鉄(2)

能勢電鉄(1)

京阪電車大津線(3)

京都丹後鉄道(5)

由利高原鉄道(3)

JR線(33)

東京駅(7)

ヘルシンキ(4)

線路のある風景(23)

名鉄谷汲線(廃線)(2)

魚梁瀬森林鉄道(廃線)(11)

下津井電鉄(廃線)(10)

ほっと一息(12)

山形鉄道フラワー長井線(1)

のと鉄道(1)

氷見線(2)

北陸鉄道(1)

ほっと物語カウンター

ほっとなリンク

-----------------------------------------

シアターキューブリック

公演情報はホームページにて御覧ください。

公演情報は
http://www.qublic.net/

-----------------------------------------

このブログをリンクに追加する

リンクフリーです。トップページ及び各記事へのリンクをお願いします。画像のみのリンク、画像の無断使用はご遠慮下さい。

ご一報頂けましたら相互リンク致しますので、お問い合せよりお知らせ下さい。


ブロとも申請フォーム