2013夏旅 夏の車窓 [日中線熱塩駅:オハフ61]

Posted by ぐう on 2013年 28日  ☆ 線路のある風景   0 comments   0 trackback

「夏の車窓」


日中線熱塩駅には、ラッセル車と共にオハフ61も保存展示されている。
この車両は、かつて日中線をSLに引かれ沿線の人々を乗せて走っていたもの。

今は、動く事は出来ないが、当時の風景と変わらないであろう、
夏の風景が窓の外に広がっていた。

2013夏旅 ラッセルの中で [日中線:熱塩駅キ287]

Posted by ぐう on 2013年 27日  ☆ 線路のある風景   0 comments   0 trackback

「ラッセルの中で」


日中線熱塩駅構内にキ287のラッセル車が展示、保存されている。
この車輌は、日中線が廃線になる時、国鉄から贈られたものと言う。

実際、日中線で活躍していたのかは不明のようだが、
雪国会津の地にふさわしい存在感がある。

車内も自由に見学することが出来、
鉄の外装から想像しなかった、木に囲まれた内装が印象に残る。

とは言え、並んだ操作レバーと剥き出しの配管が、
ラッセル車の任務である、深い雪との戦いを想像させる。



1-TOS_1281.jpg

2013夏旅 熱塩駅の夏 [日中線(廃線):熱塩駅]

Posted by ぐう on 2013年 26日  ☆ 線路のある風景   0 comments   0 trackback

「熱塩駅の夏」


かつてはここに線路が敷かれ、一日数便の列車が喜多方へ向けて出発していた。
それも朝と夕方に走るだけだったので、
日中は列車が走らないのに、日中線と揶揄されていたそうだ。

駅舎も現役当時は、手入れされること無く、
ほとんど廃屋のような姿になり、廃線後に記念館として整備され、
建設当時の姿になったという。

記念館とは言え、線路を復活させて駅として本当の姿になれば、
列車は来なくてもその価値は数倍にもなりそうだ。

2013夏旅 日中線熱塩駅 [日中線:廃線]

Posted by ぐう on 2013年 25日  ☆ 線路のある風景   0 comments   0 trackback

「日中線熱塩駅」


国鉄時代に、会津喜多方から熱塩まで繋がっていた日中線。
その終点駅「熱塩」は、現在も駅舎が当時のままに残され、
記念館として人々を迎え入れている。

線路は撤去されてしまったが、駅の雰囲気はそのままで、
待合室に居ると今にも列車がやって来そうに思える。

何時かの水島臨海 [水島臨海鉄道]

Posted by ぐう on 2012年 02日  ☆ 線路のある風景   0 comments   0 trackback

「何時かの水島臨海」


今年の1月に訪れた、岡山県倉敷市を走る水島臨海鉄道。
乗車した時はすっかり陽が暮れて、
キハ204の手すり越しに町の灯りが灯る。

2012夏旅 分離 [函館本線:森駅]

Posted by ぐう on 2012年 08日  ☆ 線路のある風景   0 comments   0 trackback

「分離」


函館から森まで、2両編成でやって来た列車は、
上り下りに分けられて、発車の時刻まで乗客を待つ。

上りは函館、下りは長万部。

函館から大沼公園までは、2両でもかなり混雑していたから、
函館行きが1両になっては、都会の通勤電車なみの混雑になりそう。

お盆のハイシーズンなので、混雑は予想出来そうだが、
増結すること無くのんびり発車の時刻を待っていた。

2012夏旅 森駅の時[函館本線:森駅]

Posted by ぐう on 2012年 07日  ☆ 線路のある風景   0 comments   0 trackback

「森駅の時」


森駅の跨線橋から函館方面を望むと、
駒ケ岳の勇姿が目に飛び込んでくる。
かつては富士山のような姿で渡島富士と呼ばれていたが、
1640年の噴火で現在の山容になったと聞く。

この駅を訪れるのは、2回目になる。
函館を出て、駒ケ岳の裾野に広がる大沼湖畔を見ながら、
ここ森駅に到着する。

この風景はいつまでも見てても飽きることは無い。
青い空と白い雲、その下に海が広がり、山がある。
そして、のんびりと時間の過ぎる駅がある。

函館から来た普通列車は、森駅まで来ると、
折り返しの函館行きと長万部行きに分かれて行く。
その待ち時間は1時間30分あるが、
森駅の「時」を楽しむには、この位が丁度いい。

2012夏旅 森の駅 [函館本線:森]

Posted by ぐう on 2012年 06日  ☆ 線路のある風景   0 comments   0 trackback

「森の駅」


函館から函館本線を北上すると、森の駅に到着する。
目の前には、内浦湾の海が大きく広がるが、駅名は「森」。

いかめしで有名になった駅で、待合室にいると、
ほとんどの人がいかめしを買って行く。
なかなかの美味で、後を引く食感が癖になりそう。

ホームを渡る跨線橋から見える、
今は使われなくなった、側線と海、そして空のコントラストが、
北海道らしく広々として気分がいい。




ミャンマーの線路 [ミャンマー:ヤンゴン港]

Posted by ぐう on 2012年 24日  ☆ 線路のある風景   0 comments   0 trackback

「ミャンマーの線路」


ツアーで行ったミャンマー港に、廃線の線路を見つけた。
線路だけを撮ってもミャンマーらしくはならないと思っていたら、
この子たちがどこからとも無く歩いてきて、線路の上で立ち止まってくれた。

男の子の服は、ウルトラマン?
二人の足元から、生活を想像して下さい。
それでも、物乞いで近づいて来た訳ではなく、
何をしてるんだろうと、興味津々の目。

ミャンマーは民主化になったばかりの、まだまだ貧しい国。
その国に生きるこの子達は何を見て、何を思っているんだろう。

希望に向かって延びる線路は、この子たちの未来に繋がっている。
いつの時代になっても、素直な心が育つ、豊かな国になって欲しいと願う。

博物館の住まい [鉄道博物館:大宮]

Posted by ぐう on 2011年 23日  ☆ 線路のある風景   0 comments   0 trackback

「博物館の住まい」

きれいに化粧をされたキハ41307。
ヘッドライト、テールランプ、室内灯も点灯させて、
生きていた時代の雰囲気を出している。

この車両は、関東鉄道や筑波鉄道で活躍していたと知り、
身近なところを走っていたことを思うと、親近感も湧いてくる。

  

プロフィール

ぐう

Author:ぐう
銚子電鉄ガタゴト乗れば、
上り銚子はいい調子
そんないい日に銚子の町で
あの景色に、この景色
いつも見慣れた銚子の町も
カメラ片手に、大発見
銚子のいいとこ、再発見!

銚子の町から、初めて訪れる町へ、
小さな物語を探して、旅をしています。

掲載写真は、時系列に並んでいませんので、
現在では見られない風景もあります。




使用器材
CANON EOS5DMark2
CANON EOS7D
CANON EOSKISSX2
CANON S100
FUJIFILM X-E2

CANON EF70-200mm F4L IS USM
CANON EF50mm F1.8 STM
CANON EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS
CANON EF-S10-22mm F3.5-4.5
CANON EF-40mm F2.8 STM

SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO
TAMRON AF18-270mm B003E
TAMRON AF90/2.8マクロ 272E
TAMRON SP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011)
FUJINON XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS

M42 EOSアダプター
M42 ROYAL テレコンバーター 2x
M42 SMC TAKUMAR 300mm/F4
M42 SMC TAKUMAR 135mm/F3.5
M42 SMC TAKUMAR 105mm/F2.8
M42 SMC TAKUMAR 50mm/F1.4
M42 KMZ INDUSTAR 50-2 50mm/F3.5
M42 Auto-Takumar 55mm/F2
M42 Super Takumar 35mm/F3.5
M42 Auto-Marexar 28mm/F2.8

三脚
ベルボン
ベルボンUT-43Q
自由雲台 KTSPRO 50





ブログランキング


にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営・三セクへ


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 銚子情報へ
にほんブログ村

鉄道写真 ブログランキングへ

のんびりゆっくりほっと物語お問い合せ

ブログ管理人へのお問い合せは、
メールフォームよりご連絡下さい。

■お問い合せメールフォーム■
    ↑↑クリック↑↑

今日の暦




-天気予報コム- -FC2-

のんびりゆっくりカテゴリー

銚子電鉄【銚子駅】(8)

銚子電鉄【仲ノ町駅】(122)

銚子電鉄【観音駅】(49)

銚子電鉄【本銚子駅】(143)

銚子電鉄【笠上黒生駅】(144)

銚子電鉄【西海鹿島駅】(60)

銚子電鉄【海鹿島駅】(65)

銚子電鉄【君ヶ浜駅】(197)

銚子電鉄【犬吠駅】(154)

銚子電鉄【外川駅】(245)

銚子電鉄[沿線](63)

銚子電鉄[デハ1001桃鉄号](45)

銚子電鉄[デハ1001銀座線色](56)

銚子電鉄[デハ1002銚電カラー](8)

銚子電鉄[デハ1002鉄子色](53)

銚子電鉄[デハ1002丸の内色](72)

銚子電鉄[2001-2501緑](191)

銚子電鉄[2002-2502イオン](35)

銚子電鉄[2002-2502赤帯](50)

銚子電鉄[2002-2502銚電カラー](78)

銚子電鉄[3000形](22)

銚子電鉄[デキ3](72)

銚子電鉄[デハ801休車](138)

銚子電鉄[デハ701譲渡](35)

銚子電鉄[デハ702譲渡](40)

銚子電鉄[ユ101澪つくし号](6)

銚子電鉄[デハ101]解体(25)

銚子電鉄[デハ301]解体(14)

外川の町(22)

銚子の町(19)

銚子のイベント(13)

ひたちなか海浜鉄道湊線(170)

いすみ鉄道(34)

小湊鉄道(5)

東急世田谷線(33)

都電荒川線(14)

大井川鐵道(6)

天竜浜名湖鉄道(5)

岳南鉄道(6)

土佐電気鉄道(4)

叡山電鉄(3)

阪堺電車(10)

長野電鉄(6)

万葉線(12)

黒部峡谷鉄道(1)

富山地鉄(20)

富山ライトレール(4)

函館市電(15)

津軽鉄道(8)

岡山電気鉄道(10)

樽見鉄道(25)

近鉄内部・八王子線(4)

江ノ電(3)

紀州鉄道(2)

真岡鐵道(22)

水郡線(5)

上信電鉄(8)

上毛電鉄(1)

秩父鉄道(8)

わたらせ渓谷鐡道(7)

鹿児島市電(3)

会津鉄道(2)

豊橋鉄道市内線(6)

豊橋鉄道渥美線(2)

伊予鉄道(6)

琴平電鉄(8)

明知鉄道(2)

上野懸垂線(1)

南海電鉄(2)

能勢電鉄(1)

京阪電車大津線(3)

京都丹後鉄道(5)

由利高原鉄道(3)

JR線(33)

東京駅(7)

ヘルシンキ(4)

線路のある風景(23)

名鉄谷汲線(廃線)(2)

魚梁瀬森林鉄道(廃線)(11)

下津井電鉄(廃線)(10)

ほっと一息(12)

山形鉄道フラワー長井線(1)

のと鉄道(1)

氷見線(2)

北陸鉄道(1)

ほっと物語カウンター

ほっとなリンク

-----------------------------------------

シアターキューブリック

公演情報はホームページにて御覧ください。

公演情報は
http://www.qublic.net/


舞台写真を撮影しています。
-----------------------------------------

このブログをリンクに追加する

リンクフリーです。トップページ及び各記事へのリンクをお願いします。画像のみのリンク、画像の無断使用はご遠慮下さい。

ご一報頂けましたら相互リンク致しますので、お問い合せよりお知らせ下さい。


ブロとも申請フォーム