少女の道

Posted by ぐう on 2010年 26日  ☆ 外川の町   0 comments
少女が歩く、港道。
船が波に揺れるように、少女の髪も揺れていた。


「少女の道」

過ぎ去った夏の記憶だろうか?
それともこれから来る夏の幻か?

白い服が風になびくと、
夏のかすかな香りも広がって行く。

潮の香りの記憶と、少女の幻影が重なって、
現実と夢が交錯して行く。

心地良い幻が消えぬよう、
少女の足取りを脳裏に刻む。


廃屋の空

Posted by ぐう on 2010年 25日  ☆ 外川の町   0 comments   0 trackback
人の住まなくなった家は、荒廃するのみ。
枯れるススキと共に、その姿を消して行く。


「廃屋の空」

外川の町にある、廃屋の姿。
清々しく晴れた空とは対照的に、
枯れた色に染まる、地上の家。

家の中には、家財道具がそのまま残る。
住人はどこへ行ったのか。

壁が崩れ、屋根かわらも落ち始めている。
このままでは、いつ倒壊してもおかしくない。

と思うまもなく、
風の強い晩に、半分が倒壊してしまった。

そして、消えた。

焦点

Posted by ぐう on 2009年 01日  ☆ 外川の町   0 comments   0 trackback
どこか遠くを見つめる、外川の猫が一匹。
キリリとした目が、何かを狙って焦点を合わせる。


「焦点」

その先に、ライバルが居るのか。
敵か、仲間か。

それとも恋する相手。

じっと動かずに、焦点を合わせたままの猫の瞳。
時が止まって、海からの風だけが流れている。

そして、風が止まった瞬間、瞳の焦点を外して、
何ごともなく立ち去って行った。

紺碧の水

Posted by ぐう on 2009年 27日  ☆ 外川の町   0 comments   0 trackback
もう太陽の光は届かない。
紺碧の空を映した海の水が横たわってる。


「紺碧の水」

碧さは、ますます濃くなって行くばかり。
昼の青空、夕暮れの紅には戻らない。

これからの時間は、碧い水に港の灯りが写り込む。
空の月が写り込む。

静かな水面に、空の星が写り込んで、
無限の空間を作り出す。

深い碧の底には、光の届かない宇宙空間が広がっていた。

碧い外川

Posted by ぐう on 2009年 10日  ☆ 外川の町   2 comments   0 trackback
外川の港が、青く染まる時間。
空の色と、海の色が同じになった。


「碧い外川」

これから訪れる、黒い夜の前に風景を染め上げる。
太陽の紅は遠くに霞んで、碧い空と碧い海が広がっている。

人の営みは、一日の終わりを告げて、
岸壁に繋がれた船は、一時の休みに着く。

碧く染まる時間は、ほんの一瞬の間。
瞬きをしている内に、碧の色は濃くなり、
やがて黒くなる。

東の空から、日が昇る明日の朝まで、
黒い風景が、外川の港を染め続ける。

焼ける

Posted by ぐう on 2009年 27日  ☆ 外川の町   6 comments   0 trackback
銚子の遙か彼方沖を、台風が過ぎた日の夕方。
空一面が、夕陽色に染まる。


「焼ける」

太陽が沈んでも、残光が雲を染め上げる。
赤でもない、オレンジ色でもない、ピンクでもない色。

そんな空の色が、水面にまで落ちてきて、
空気までも夕陽色。

ゆっくりゆっくり、そのいろは濃くなり、
やがて紺色の空に夕陽色が溶け込んで行く。

風呂敷の旗

Posted by ぐう on 2009年 17日  ☆ 外川の町   2 comments   0 trackback
海が光輝く穏やかな日。
そよぐ風に、風呂敷の旗がはためいていた。


「風呂敷の旗」

漁船に付けられた風呂敷の旗は、
船の印か、漁の目印なのか。

長く使われて、解れ始めている。
海の上では、道具としての風呂敷も、
自然の力で、元の糸へと帰って行く。

千切れた一本の糸が、風に乗って海の上を渡って行く。


ガラスの浮き玉

Posted by ぐう on 2009年 16日  ☆ 外川の町   2 comments   0 trackback
漁に使う、ガラスの浮き球。
今は、港でほとんど見る事が無くなっている道具。


「ガラスの浮き玉」

昔は、どんな道具でも職人の技と経験が生かされていた。
このガラスの浮き球もその一つ。

今使われているのは、プラスチック製の大量生産の物。

ガラスの浮き球は、職人が一つひとつ手作りで仕上げている。
それを、丁寧にロープを編み目に組んで、大事に使っていた。

プラスチックの浮きは、海の深く沈めると、すぐに変形してしまうが、
ガラス製は、どんなに深く沈めても壊れることは無いそうだ。

丁寧に使えば、一生物とも。

それでも、安いプラスチック製が出回るようになると、
ガラスの浮き球の出番が無くなって来てしまった。

そして、作る職人も居なくなり、道具としての歴史が消えてしまった。

その道具が、外川の港の片隅に置かれていた。
今は使っているのか分からないが、確かに道具としてここに存在していた。

猫の栖

Posted by ぐう on 2009年 01日  ☆ 外川の町   8 comments   0 trackback
外川の町を歩いていると、一番出会うのは、
猫。


「猫の栖」

人と出会うよりも、猫との出会いが多い、外川の町。
凛々しい猫と出会い、その後ろ姿から、
突然の睨みを効かせて、振り向く。

その目線の先に、何を見たのか。

猫の事は、猫に聞かなきゃ分からない。
そんな猫達の外川の町に来ると、
幸せになれるとか。
願い事が叶うとか。

猫にしてみれば、そんなの関係ニャー、
と言われそう。

富士の峰

Posted by ぐう on 2009年 26日  ☆ 外川の町   0 comments
紅く染まる西の空。
無数の波のその向こう。


「富士の峰」

冷たい空気の夕暮れ時。
外川は、千騎が岩から黒影の富士の峰が見える。

外川は、富士山の見える最東端の地。
ここから見る富士山は、思いの外大きく見える。

水平線に浮かぶ富士の峰を望むのは、外川の冬の風物詩。

寒いから出逢える、風景がある。
  

プロフィール

ぐう

Author:ぐう
銚子電鉄ガタゴト乗れば、
上り銚子はいい調子
そんないい日に銚子の町で
あの景色に、この景色
いつも見慣れた銚子の町も
カメラ片手に、大発見
銚子のいいとこ、再発見!

銚子の町から、初めて訪れる町へ、
小さな物語を探して、旅をしています。

掲載写真は、時系列に並んでいませんので、
現在では見られない風景もあります。




使用器材
CANON EOS5DMark2
CANON EOS7D
CANON EOSKISSX2
CANON S100
FUJIFILM X-E2

CANON EF70-200mm F4L IS USM
CANON EF50mm F1.8 STM
CANON EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS
CANON EF-S10-22mm F3.5-4.5
CANON EF-40mm F2.8 STM

SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO
TAMRON AF18-270mm B003E
TAMRON AF90/2.8マクロ 272E
TAMRON SP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011)
FUJINON XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS

M42 EOSアダプター
M42 ROYAL テレコンバーター 2x
M42 SMC TAKUMAR 300mm/F4
M42 SMC TAKUMAR 135mm/F3.5
M42 SMC TAKUMAR 105mm/F2.8
M42 SMC TAKUMAR 50mm/F1.4
M42 KMZ INDUSTAR 50-2 50mm/F3.5
M42 Auto-Takumar 55mm/F2
M42 Super Takumar 35mm/F3.5
M42 Auto-Marexar 28mm/F2.8

三脚
ベルボン
ベルボンUT-43Q
自由雲台 KTSPRO 50





ブログランキング


にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営・三セクへ


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 銚子情報へ
にほんブログ村

鉄道写真 ブログランキングへ

のんびりゆっくりほっと物語お問い合せ

ブログ管理人へのお問い合せは、
メールフォームよりご連絡下さい。

■お問い合せメールフォーム■
    ↑↑クリック↑↑

今日の暦




-天気予報コム- -FC2-

のんびりゆっくりカテゴリー

銚子電鉄【銚子駅】(8)

銚子電鉄【仲ノ町駅】(122)

銚子電鉄【観音駅】(49)

銚子電鉄【本銚子駅】(143)

銚子電鉄【笠上黒生駅】(144)

銚子電鉄【西海鹿島駅】(60)

銚子電鉄【海鹿島駅】(65)

銚子電鉄【君ヶ浜駅】(197)

銚子電鉄【犬吠駅】(154)

銚子電鉄【外川駅】(245)

銚子電鉄[沿線](63)

銚子電鉄[デハ1001桃鉄号](45)

銚子電鉄[デハ1001銀座線色](56)

銚子電鉄[デハ1002銚電カラー](8)

銚子電鉄[デハ1002鉄子色](53)

銚子電鉄[デハ1002丸の内色](72)

銚子電鉄[2001-2501緑](191)

銚子電鉄[2002-2502イオン](35)

銚子電鉄[2002-2502赤帯](50)

銚子電鉄[2002-2502銚電カラー](78)

銚子電鉄[3000形](22)

銚子電鉄[デキ3](72)

銚子電鉄[デハ801休車](138)

銚子電鉄[デハ701譲渡](35)

銚子電鉄[デハ702譲渡](40)

銚子電鉄[ユ101澪つくし号](6)

銚子電鉄[デハ101]解体(25)

銚子電鉄[デハ301]解体(14)

外川の町(22)

銚子の町(19)

銚子のイベント(13)

ひたちなか海浜鉄道湊線(170)

いすみ鉄道(34)

小湊鉄道(5)

東急世田谷線(33)

都電荒川線(14)

大井川鐵道(6)

天竜浜名湖鉄道(5)

岳南鉄道(6)

土佐電気鉄道(4)

叡山電鉄(3)

阪堺電車(10)

長野電鉄(6)

万葉線(12)

黒部峡谷鉄道(1)

富山地鉄(20)

富山ライトレール(4)

函館市電(15)

津軽鉄道(8)

岡山電気鉄道(10)

樽見鉄道(25)

近鉄内部・八王子線(4)

江ノ電(3)

紀州鉄道(2)

真岡鐵道(22)

水郡線(5)

上信電鉄(8)

上毛電鉄(1)

秩父鉄道(8)

わたらせ渓谷鐡道(7)

鹿児島市電(3)

会津鉄道(2)

豊橋鉄道市内線(6)

豊橋鉄道渥美線(2)

伊予鉄道(6)

琴平電鉄(8)

明知鉄道(2)

上野懸垂線(1)

南海電鉄(2)

能勢電鉄(1)

京阪電車大津線(3)

京都丹後鉄道(5)

由利高原鉄道(3)

JR線(33)

東京駅(7)

ヘルシンキ(4)

線路のある風景(23)

名鉄谷汲線(廃線)(2)

魚梁瀬森林鉄道(廃線)(11)

下津井電鉄(廃線)(10)

ほっと一息(12)

山形鉄道フラワー長井線(1)

のと鉄道(1)

氷見線(2)

北陸鉄道(1)

ほっと物語カウンター

ほっとなリンク

-----------------------------------------

シアターキューブリック

公演情報はホームページにて御覧ください。

公演情報は
http://www.qublic.net/


舞台写真を撮影しています。
-----------------------------------------

このブログをリンクに追加する

リンクフリーです。トップページ及び各記事へのリンクをお願いします。画像のみのリンク、画像の無断使用はご遠慮下さい。

ご一報頂けましたら相互リンク致しますので、お問い合せよりお知らせ下さい。


ブロとも申請フォーム